診療内容について

ここでは院内の衛生対策、痛くない治療法やクリーニングについてご紹介します。

院内の衛生対策

歯周会の各医院ではスタンダードプリコーションに従い、院内感染の予防を徹底し患者さんの安全に配慮しながら診療を継続しています。

 衛生的な環境の構築が、安全で安心できる治療を実現します。報道などで院内感染という言葉をよく聞くようになりました。
 医療機関で治療をする際に、治療器具や人体などを通して、人から人へ病気が移ってしまったりすることです。そうした病気には肝炎やMRSA、HIV、新型コロナウィルスなど大変深刻なものがあります。そのため院内感染の予防対策は、医療機関にとって大変重要なことであり、院内感染など絶対におこしてはならないのです。
 治療にあたるスタッフひとりひとりの心がけと行動はもちろん、使用する器材・器具なども滅菌できるものはオートクレーブやガス滅菌での滅菌を行い、出来ないものに関しては出来る限りディスポーザブルの物を使用し、診療台や待合室の椅子などは次亜塩素酸での消毒を行なう等、徹底した衛生管理を行うことで、細菌だけではなく不安もすべて除去してしまいます。
 また、患者さんにも感染対策へのご協力をお願いしており、具体的には来院時の手指消毒と治療前のイソジンによる含嗽をお願いしています。

日本歯科医学会連合による院内感染対策指針  スタンダードプリコーションとは
CDCガイドライン

 器具の衛生対策

治療器具は、上段の写真のようにプラスチックやステンレスの容器に納め、写真下段の滅菌器できれいになります。滅菌された器具は、必要なセットでパックされ治療の直前に開封します。このように、患者さんが直接触れる器具は1つ1つ滅菌していきます。


痛くない治療を

局所麻酔はご存じですね。でも・・・
・「痛さ」のイメージはまだ残っています。
・血圧の高い人や注射に敏感な人もいます。
・「緊張」の部分も解決していません。
そこで痛みや緊張をコントロールしながら、安心して治療が受けられる環境作りに取り組んでいます。

電動の麻酔器
電動の麻酔器では一定のスピードでの麻酔薬の注入が可能で、麻酔薬を注入する時の痛みを少なくし、より麻酔を効き易くする事が可能です。
これにより痛みの少ない麻酔の注射が可能になりました。


もっとキレイな歯へ

クリーニング

歯に付着した歯石や着色を取り除いて、本来の白さを取り戻します。30分程できれいになります。また虫歯予防のためのPMTCという方法も当院では取り入れています。

クリーンジェット
たばこのヤニや茶シブなどの着色を、炭酸水素ナトリウム(重曹)の粉末と水の勢いで取り除きます。

超音波スケーリング+パウダー療法
超音波スケーリングとパウダー療法を組み合わせ、より効果的で快適な口腔衛生とバイオフィルムの抑制を実現する特殊な機会です。超音波とは非常に短い周波の波動を機械的な微振動に変換して歯石を揺さぶり崩すようにして剥がし、パウダー療法とは歯に超微細なパウダーをウォータースプレーとともに噴射することで、歯の表面にこびりついた茶しぶやタバコの黄ばみ、ワインなどによる着色汚れ(ステイン)を吹き飛ばし清掃します。

ブリーチング

薬品を使用して歯を白くします。診療室で行うものと夜間御自宅で行う方法の2通りがあります。通常2-4週間で白くなります。

口腔内スキャナー

 今まではかぶせ物を作る時には型を取っていましたが、あの機械を使うことで型を取る代わりになります。型を取る材料や石膏模型は硬化時に寸法が変形するため誤差が必ず生じるのですが、デジタルデータを使用することでこれらの誤差が少なくなり精度の高いかぶせ物が作れるようになります。
 また、口の中の3DデータとCTのデータを融合することでインプラントを埋入する時に使用するガイドを作製することもできますし、マウスピース型の矯正装置を作ることも出来ます。

ポーセレン

ポーセレンは、従来の銀色の詰め物や被せ物とは異なり、セラミックでできた白い材料です。

ポーセレンインレー

今までは小さな詰め物には銀色の金属やレジン(合成樹脂)を使用していましたが、時間とともに黒や茶色に変色する事がありました。
全てがポーセレンで出来ているため変色がほとんど認められない詰め物です。

ポーセレンクラウン

従来の銀色の被せ物とは異なり、ポーセレン(セラミック)で出来た白い歯です。内部は白金化金で裏打ちされているため強度が高く単独でもブリッジでも適用できます。最近ではまったく金属を使わない被せ物もあります。 また、アレルギーの心配がありません。

ポーセレンラミネートベニア

歯の表面を少し削り、そこにポーセレン(セラミック)で出来た歯を貼り付ける方法です。変色してしまった歯や見た目を改善したい場合に行います。

矯正+ポーセレンラミネートベニア

まず矯正で前歯のスペースを改善します。その後、歯の表面を一層削り、そこにポーセレン(セラミック)で出来た歯を貼り付けました。

矯正治療

矯正治療というと子供の治療のイメージがありますが、成人の方でももちろん可能です。
場合によっては補綴処置(被せ物)と組み合わせることでバランスのとれた歯並びにすることが可能になります。
また、前歯の部分に関しては目立ちにくい装置を使用することも可能です。

症例1

歯と歯の隙間をとじた症例です。

症例2

開咬(前歯が噛み合わない状態)の症例です。

症例3

臼歯から前歯にかけて反対咬合(受け口)の症例です。


ご心配の方はぜひ一度ご来院ください


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。