HOME > 痛くない治療を

痛くない治療を

あなたが歯科治療と聞いてイメージするものは?

「痛い」それとも「怖い」でしょうか? あるいはその両方?
痛い痛くないにかかわらず、椅子に座ったとたん血圧が上がり気味になる人も多いようです。それだけに”痛さ”のイメージを与えないこと、”緊張”をできるだけ解きほぐすことは、とても大切なことだと考えています。

そのために西堀歯科で取り組んでいる方法をご紹介します。

 痛さや怖さを和らげるための取り組み

局所麻酔はご存じですね。でも・・・

  • ”痛さ”のイメージはまだ残っています。
  • 血圧の高い人や注射に敏感な人もいます。
  • ”緊張”の部分も解決していません。

そこで痛みや緊張をコントロールしながら、安心して治療が受けられる環境作りに取り組んでいます。


電動の麻酔器□電動の麻酔器
電動の麻酔器では一定のスピードでの麻酔薬の注入が可能で、麻酔薬を注入する時の痛みを少なくし、より麻酔を効き易くする事が可能です。
これにより痛みの少ない麻酔の注射が可能になりました。


塗る麻酔□麻酔器を使う前に
こちらは塗るタイプの麻酔です。電動の麻酔器を使用する前に塗って使う、「麻酔をする前の麻酔」です。電動の麻酔器は痛みが少なくなるよう作られていますが、あらかじめ「塗る麻酔」を使用しておくことで、その後の麻酔がさらに楽になります。