HOME > なるべく歯を抜かずに

なるべく歯を抜かずに

 歯を削らない理由

虫歯ができる第一段階を初期虫歯と言います。
この場合は、フッ素を塗布することにより、歯の再石灰化が起こり健康な状態に戻る可能性があります。
また、歯と歯の間の虫歯などに対して、取れにくいように従来は咬む面まで金属の詰め物を覆うように、歯を削ることがありましたが、最近では白い詰め物のレジンという、歯とじかに接着する材料の機能が向上したため、なるべく虫歯の部分だけを削って
修復することが多くなっています。
歯を削りすぎると、しみやすくなったり、割れやすくなる可能性が高くなり、長期的な歯の寿命を縮める傾向にあるため、歯を削る量を最小限にするようにしています。

 

 

 歯周治療後の不快症状

歯根の表面の歯石を取り除きますので、歯根の表面が露出します。歯の神経と歯根の表面はごく小さな穴でつながっており、露出することでしみるようになることがあります。また、歯茎にも触れ、傷がつく場合もあるので、しばらく歯ブラシを当てると痛みが出ることがあります。歯石を取り除き、歯肉が健康になると、腫れていた歯肉は引き締まり、歯と歯の間が広がったり、歯が長くなったように見えたりすることがありますが、これは歯肉の炎症がおさまり、健康な状態を取り戻した結果です。また歯がしみる状態も個人差はありますが数日から数週間で消失します。

 神経を残す理由

歯には、神経・血管などを含む歯髄と呼ばれる構造が存在します。歯髄は、象牙質の形成・栄養、知覚、防御機構、などに重要な役割を果たしています。この防御機構により虫歯などの外来刺激から歯を守ります。もし、病気が進行してしまったときには知覚によって異変を知ることができます。この時、神経にまで病気が及んでいる場合は除去せざるをおえませんが、神経がなくなると象牙質がもろくなり歯牙の破折が起こる可能性が増えます。しかし、初期の段階では保存できる可能性は十分ある為、当院では定期的な口腔内の清掃とともにチェックを行い、出来るだけ神経を残す治療を行っております。

 

 

 治療の流れ

今や「歯周病治療」は従来の治療法に比べ、考え方・技術において格段に発達しています。簡単に言えば”歯肉の治療”。グラグラする歯や歯肉からの出血などは、歯肉や歯槽骨の病的変化が原因といっても言い過ぎではありません。
このように歯周組織の改善が見られた後に、初めて一般治療へと進みます。
もちろんその間には、歯石の除去や不適合な修復物の処置は欠かせないことです。ただ、抜くべき歯は抜くべきであり、改善されない歯周ポケットには時に積極的に手術を行う必要があることはつけ加えておきます。
そして、歯を失わないためにあなたに合ったブラッシング指導を徹底して行います。正しいブラッシングをすれば、一週間後のお口の中は明らかに改善されるのです。