HOME > 歯内療法

歯内療法

歯の内側(内部)の治療を歯内療法といいます。

歯の内部には神経や血管など(歯随)があります。
虫歯が進行すると歯随に炎症が起き、さらにこれを放置し続けると歯随は活性を失います。その結果炎症は根の先にまで波及していきます。

歯内療法には以下のものがあります。

・抜髄処置(炎症を起こした歯髄を除去)
・感染根管治療(活性を失った歯髄を除去すると共に、根の外側にある炎症を取り除く)

抜髄処置

炎症を起こした歯髄を除去する治療

虫歯を放置した結果、歯の中心部にある歯髄に炎症が起きています。
炎症が起きた歯髄を除去し、消炎鎮痛をはかります。

感染根管治療

壊死、あるいは過去に抜髄処置を行った根管に対する治療

根尖(根の先)に炎症がある歯 (X線にて黒く写る部位)
根管内の感染がなくなった状態で根幹充填を行います。(終了時のX線写真)

歯根端切除術

 

根尖の病巣(赤い丸印)と、歯根端を外科的に切除します。
根尖の大きな病巣(赤い丸印)が縮小しています。